安心・安全・高品質・安定量の製品づくり

植木農園は内閣総理大臣賞(第38回農林水産祭)や黄綬褒章(2014年)を受賞した農家です。当農園は大葉栽培、かいわれスプラウト栽培、大葉加工品の3本の柱を軸に40年以上つづく老舗農家として安心安全な商品の生産に取り組んでいます


更新情報

2014年春の褒章 黄綬褒章を拝受

長年業務に精通してきた国民に贈られる黄綬褒章を
植木農園代表植木南雄が拝受いたしました。
皇居にて授与式がありました。
また、農水大臣も農場へ視察に来ていただきました。

大葉を使った粉末スパイス新発売

新しい調味料大葉スパイス4種類を発売
◎大葉スパイス<洋風>(ミル付タイプ・小瓶タイプ)
◎大葉スパイス<和風>
◎大葉七味 
◎大葉塩

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー ワインジャンル賞12年連続受賞!!
タカムラで大葉ソースご購入できます

楽天ショップタカムラ

激売れ万能調味料としてとりあげられました

放送中、お客様の試食シーンで、「あっさりしておいしい」「一度食べるとリピーター」「選ぶなら大葉ソース」とうれしいお声をいただきました。


大 葉 栽 培 

しそには青じそと赤じそや穂じそなどありますが、青じその中で青果物として流通するものを大葉を言います。
大葉は、刺身のつまに、てんぷらなど、大葉は脇役でありながらも、さっぱりとした味、独特の香り、きれいな色が愛されて、私たちの食生活に広く活用されてきました。
近年大葉は花粉症やアトピーなどのアレルギーを緩和された体験談や、野菜の中ではトップクラスのβーカロテンが多い野菜で、今や健康的な野菜の主役にすらなりました。

分市は全国でもトップクラス大葉産地そこで初めて大規模大葉栽培をしたのが植木農園。
大分固定種の種子の採取育成・苗の生産・土壌づくり・植え付け・栽培・防除・収穫・パック詰めなど分けて専業作業にすることで、各作業がプロフェッショナル化され、鮮度の高い高品質な大葉を栽培。
このことにより大規模化が可能になり、安定した大葉生産を行っています。
おんせん県である大分は温泉があり、暖房にも温泉を利用し環境に良い農業を行っています。
近年では最新の防除設備やLED照明、センサーによる自動化により、低農薬の安心な大葉生産を可能にし、収穫後にには専門スタッフが1枚1枚検査しパックや袋に詰めています。
輸送でや真空予冷システムや8℃コールドチェーンにて日持ちの良い大葉をお届けしています
植木農園では、栽培方法から衛生管理を徹底した出荷体制までの、心を込めて安全で日持ちの良い香り高い大葉を生産しています

 殺菌効果と食欲増進しその独特の香り成分は、ペリルアルデヒドやリモネン、ピネンなどです。
成分の半分以上を占めるペリルアルデヒドはシソアルデヒドとも呼ばれ、強い抗菌作用・防腐効果があります。
刺身のつまや料理のあしらい、薬味に欠かせないのはこのためです。
食中毒を予防するほか、消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させて胃にもやさしい野菜です。
青じそにはβ-カロテンが豊富に含まれ、野菜の中でもトップクラス。
β-カロテンは体内で必要な分ビタミンAに変わり、視覚、聴覚、粘膜や皮膚を保護する働きがあります。また高い抗酸化作用があります。
しそは鉄分が多く、また鉄の吸収を助けるビタミンCも多く含むことから、鉄分の補給にも向いています。
カリウムも多く含み、利尿・発汗を促して、水分代謝を良くするはたらきがあるので、水分の摂り過ぎを解消してくれます。
また血中のアルコール分解を促進する働きに加え、アレルギー発症時の悪化原因の物質の量を抑制し、調整する働きがある為、アトピー・花粉症・喘息等のアレルギーによる諸症状を緩和する効果があるといわれています。TNF生産抑制理論「しそ酢でやせる!健康になる」(学研)
健康的な野菜の代名詞青汁に使われるケールとの成分比較では成分の多いケールを1とした場合でも、大葉はいろいろな成分で勝っています
亜鉛やβカロテンは4倍もの量が含まれています。

 

~~~~ スプラウト栽培 ~~~~~

≪かいわれ・紫かいわれ・ブロッコリースプラウト・豆苗≫

アブラナ科の種が発芽して双葉の状態の時をスプラウトといいます。
昭和40年代に大阪・九州の方で水耕栽培が始まり、手巻き寿司ブームに乗り、広く親しみのある野菜へとなりました。
発芽したばかりの種子は赤ちゃんのようなもの。
栄養がこれから成長するためにギュッと詰まっています。
最近、スプラウト(発芽野菜)が話題になっていますが、貝割れ大根もスプラウトの仲間です。

 

 

カイワレ大根

ピリッとした辛みが特徴の発芽野菜。
サラダやお吸い物や手巻き寿司に定番のお手軽野菜
大根の種ですが、成長すると本当に大根ができます。


紫のかいわれ

軸が紫色で彩のあるかいわれ。
味はさほど変わりませんが京野菜の葉大根「しずむらさき」の種を増やし、贅沢にもカイワレ状にしたものです。


ブロッコリースプラウト

健康や美容のテレビ番組でファイトケミカル成分が話題になった野菜です。
辛みはなく食べやすく1パックに200粒以上入っており、それらがブロッコリー1本1本になるので栄養の高さがわかります。


豆 苗

エンドウ豆(グリーンピース)の苗。
最近まで中華料理の高級食材でしたが、カイワレ栽培の応用でお手軽になりました。
お鍋や炒め物にもよく、根を切った後に再度栽培するとまた芽がでるお得な野菜。
 

植木農園はカイワレ大根の老舗農家
大分ならではの温泉水を利用した栽培を行っています。
かいわれ大根を土耕栽培の時期からはじめており、40年以上の栽培ノウハウ
種子をアメリカの契約農場にて粒や発芽のそろったオーガニックの種子を作り、植物工場のような農場にてしっかりとした生産管理・安全管理・衛生管理のもと、九州から関西まで出荷を行っています。
また、かいわれ大根は、水耕栽培・短期間収穫の完全に農薬を使用しません
生産管理にはJGAPを取得し安心の農場にて現在4種類の発芽野菜(スプラウト)を生産しています
1日1万~2万パックを生産し、3安(安心・安定・安価)なかいわれを食卓へお届けします

 

 かいわれ大根は明らかな食品(野菜)であり、急な健康改善につながる薬ではありませんが、ごく最近、機能的な成分が研究されるようになってきました。
かいわれ大根に多く含まれるファイトケミカル(植物の中に自然に作られる化学物質)の一種である辛味成分は「イソチオシアネート」。
抗酸化につながるデットックス、殺菌作用があり、よく噛むことによりさらに効果が増します。
また、メラトニンの生成を促す作用もあり、体内時計を調整する作用があり、研究されています。
最近では、5-ALAの多く含まれる植物として、カイワレ大根が多いようです。
ALA入りの肥料や育毛剤が開発されているようです。現在ALAは他の合成で作っており、カイワレが原料ではありません。

成分として、ビタミンCはもやしには少なくカイワレには多い。ビタミンA、ビタミンB1・鉄分、美肌効果が期待のβ-カロテン、血液の凝固を助けるビタミンK、消化を助けるジアスターゼ、発ガン物質を分解するオキシターゼも含まれています。
※カイワレ大根を食べたからといって、必ず病気が完治するものではございません。

 

大葉加工品

 

青果物(大葉・かいわれ 

青果物につきましては業務用出荷のみ行っております。JAおおいたを通じ九州・関西の各市場に出ています。運送費お客様負担にて年間相対での定量取引は直接行っていますが基本JAおおいた様にご連絡お願い致します

  • 大葉(規格S,M,L,小袋)1ケース2000枚入り×5
  • かいわれ大根1ケース20パック入×10
  • 紫のかいわれ1ケース20パック入×10
  • ブロッコリースプラウト1ケース10パック入×10
  • 豆苗1ケース10袋入×10

JAおおいた営農部大葉担当までお問い合わせください

大葉加工品

個人様用大葉加工品につきましては、以下のページをご覧ください

  • 大葉ドレッシング
  • 大葉ソース
  • 大葉胡椒
  • 大葉みそ・大葉海苔
  • 大葉スパイス各種
  • 青じそ入り手延べ素麺・梅じそ入り手延べ素麺

ショップページへ【準備中】

業務用卸商品

大葉の1次加工品の粉末やペーストなど、青果から加工まですべてございます。卸商品、業務用パック商品につきましては以下のページをご覧ください

  • 大葉粉末
  • 大葉ペースト
  • 業務用加工品大容量パック
  • 加工専用大葉

業務用ページへ【準備中】


植木農園会社概況&沿革

 会社名   

有限会社 植木農園 

創 業   

昭和45年法人設立  平成4年6月

組織形態  

1戸1法人

代表取締役 

植木 南雄

資本金    

500万円

経営規模  施設面積事業内容  

大葉・スプラウトの生産販売、
加工食品の製造販売、
農産物及び農業資材の輸入

取扱品目  

●大葉
●かいわれ大根
●各種スプラウト
●大葉加工品

主要取引先 

JAおおいた 各市場

就業時間   

8時~17時

休 日    

日曜・祭日・市場休日日

雇 用   

役員5名、社員4名、パート約30名

福利厚生  

社会保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

所在地   

〒870-0945
大分県大分市津守2513-3

連絡先 

TEL 097-568-2898
FAX 097-569-6456

交通アクセス 

米良有料道路より滝尾中学校方面へ。滝尾駅裏を通り碇山より200m。


1967年 みかん栽培・野菜栽培農家
 
1970年(昭和45年) 大葉・かいわれ大根の栽培を開始

1973年 大葉の施設栽培本格始動(30a)

1977年 JA大分市で大葉部会発足

1978年 かいわれ部会発足

1979年 大葉の水耕栽培も土耕栽培と併用開始

1980年 大葉を空輸で東京出荷開始

1980年(昭和55年) 武漢市経済視察団視察・1年間住込み研修生受入



1981年 温泉を掘り温泉熱を利用した栽培確立(深度750m、50℃)

1981年 大葉部会が日本施設園芸協会会長賞受賞

1983年 中国北京種子公司でかいわれの種子を独占契約
      (現在アメリカ産種子使用)

1984年 かいわれ大根の価格が大暴落

1985年(昭和60年)青じそそうめん開発販売

1986年 有機減農薬栽培、ロックウール栽培取組

1988年 共同育苗センター設置

1989年(平成元年)大葉部会販売額10億円達成

1989年 青じそドレッシング開発・大葉煎餅開発

1992年 有限会社植木農園を設立し、法人化。

1996年 大葉部会販売額16億円達成

1996年 大阪堺市O-157による集団食中毒報道。かいわれ大根の販売が大幅に減少

1999年 大葉部会で内閣総理大臣賞受賞



2002年 ブロッコリースプラウトを生産開始

2006年 くうしん菜スプラウトを生産開始

2006年 桂宮宜仁親王より緑白綬有功章を受章

2007年 国の研修生制度にて研修生受入

2009年 大葉味噌・大葉佃煮海苔開発

2010年 かいわれ農場で日本初JGAP取得

2010年 紫のかいわれを発売

2011年 大葉胡椒、大葉ソース開発
      ジェノベーゼ風大葉ソース野菜ソムリエ
      調味料選手権2011で全国3位入賞

アクセス

高速道路からのアクセス

●大分自動車道米良I.C→米良有料道路→米良バイパス(長谷バス停南信号機を左へ)→滝尾中学校→突当りの川リバーサイド百々園が見え、突き当りを右回りで川を渡り→碇山方面→左方向に田んぼが広がりハウス群と家があります→到着

●大分自動車道光吉I.C→下郡バイパス方面へ(富岡交差点信号ファミリーマート方面へ)→滝尾駅前を左に曲がり遮断機へ→碇山裏方面(遮断機を渡ると目の前に田んぼが広がりハウスが見えます→到着。


大分駅からの自動車アクセス

●大分駅→R10→広瀬橋(渡って右に曲がる)→富岡交差点信号機左(コンビニ方向)→滝尾駅から左周りで遮断機へ→碇山裏方面(遮断機を渡ると目の前に田んぼが広がりハウスが見えます→到着。

●大分駅→R10(まっすぐ行くと県道21号)→滝尾橋→加納西交差点信号右→米良バイパス→長谷バス停南信号機を右→滝尾中学校→突当りの川リバーサイド百々園が見え右側の橋を渡り→碇山方面→左方向に田んぼが広がりハウス群と農場があります→到着


大分駅からの電車アクセス

●大分駅より豊肥線上りで滝尾駅→徒歩7分



わかりづらい場所ですので、地図で場所を確認してください。
また、ご連商談・取材・見学・場所がわからない場合など
お気軽に、ご連絡くださいませ。
㈲植木農園 WEB責任者 植木 喜久生
TEL 097-568-2898
下記地図を参考にしてください。